読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

:: TWIGGY :: LOVE ME TENDER :: #3 ::

非現実の王国で

ライブ履歴

'12/8/19 死ガ二人ヲワカツマデ プレミアイベント 第2部「第二章 南瓜花-nananka-」(ゴールデンボンバー出演)@渋谷公会堂

メモ。2部のみ観た。ゴールデンボンバー喜矢武豊主演映画のプレミアイベント。出演者の舞台挨拶+ミニライブ+映画上映。

舞台挨拶。「第二章」の方は喜矢武さんちょい役(登場シーンは1シーンのみ)にも関わらず、1部から引き続きのゴルゴメイク&「1部と衣装チェンジした」結果の裸に白ブリーフいっちょ、もちろん裸足、という出で立ちのせいで誰よりも目立ち、会場の視線を独占。というかお客さんもほとんどが喜矢武さん目当てなので致し方ない。
目立ってしまって他の出演者の方に申し訳ない、と裸でおどおどする喜矢武さん。目立ちたいんだか目立ちたくないんだか。

ミニライブ。葵さん、Matthewsに引き続いて金爆登場。
翔さん:アクセをつけなくてもつけているように見えるいつもの白ロンT+いつもの黒パン、淳くん:上下スーツのセットアップ(MINTNeKOだそう)、研二:ゴールデンアルバムのスーツ。研二は裸規制が入ったのかどうか。一方の喜矢武さんは裸だ。で、喜矢武さん:さっきの白ブリだけではとのことで白ジャケを羽織り、白ギター持って「白・白・白!」と翔さんに言われてました。
ライブは2曲だけ、「第一章」の主題歌「泣かないで」(CD未収録)、「第二章」の主題歌「春が来る前に」。どちらもバラードの為ソロの「ひとりよがり」に近い。ただどちらも喜矢武さんのギターソロがあるので喜矢武さん大活躍!
その他のトピックとしては「泣かないで」の間、淳くんが喜矢武さんのいでたちに対してまじウケしていたのと、曲間でジャケットを脱ぎシャツの袖をまくる研二の姿に会場から溜め息が漏れていた(いわゆるスーツ萌え)ことくらいか。

第二章しか観てない映画については申し上げることは特に…。AKBの子がすっげーかわいかったことくらいしか。

http://www.wild-strawberry.com/ws/shigawaka/index.html

購入履歴

久々。メモしないと何持ってるか忘れるくせにためてるから気合いでゴゴゴ。

DYNAMIC BEAT TOWN

DYNAMIC BEAT TOWN

トーキョー・ポップンポール・スタンダードNo.1フロム・トーキョー!!!

トーキョー・ポップンポール・スタンダードNo.1フロム・トーキョー!!!

STRONG POP (通常盤)(CD only)

STRONG POP (通常盤)(CD only)

ヘタウマカウボーイズ

ヘタウマカウボーイズ

かってくれェ~

かってくれェ~

Counteraction ―V-Rock covered Visual Anime songs Compilation―

Counteraction ―V-Rock covered Visual Anime songs Compilation―

GREENWORLD

GREENWORLD

THE GOLDEN BEST FOR GERMANY (Amazon.co.jpオリジナル特典ポストカード付き)

THE GOLDEN BEST FOR GERMANY (Amazon.co.jpオリジナル特典ポストカード付き)

THE GOLDEN BEST FOR KOREA (Amazon.co.jpオリジナル特典ポストカード付き)

THE GOLDEN BEST FOR KOREA (Amazon.co.jpオリジナル特典ポストカード付き)

THE GOLDEN BEST FOR UNITED STATES OF AMERICA (Amazon.co.jpオリジナル特典ポストカード付き)

THE GOLDEN BEST FOR UNITED STATES OF AMERICA (Amazon.co.jpオリジナル特典ポストカード付き)

やっと「全部買わない」ということを覚えた。
Z女戦争

Z女戦争

ヘドバンギャー!!【通常盤】

ヘドバンギャー!!【通常盤】

PARADE II−RESPECTIVE TRACKS OF BUCK-TICK

PARADE II−RESPECTIVE TRACKS OF BUCK-TICK

CRUSH!3-90’s V-Rock best hit cover LOVE songs-

CRUSH!3-90’s V-Rock best hit cover LOVE songs-

  • アーティスト: オムニバス,SARSHI(from HERO),カメレオ,MEJIBRAY,マコト,スカーレット,CRASH49,宇宙戦隊NOIZ,defspiral,DIV,AYABIE
  • 出版社/メーカー: NAYUTAWAVE RECORDS
  • 発売日: 2012/06/27
  • メディア: CD
  • クリック: 20回
  • この商品を含むブログ (5件) を見る
アナクロトラウマー

アナクロトラウマー

濱NIGHT☆CITYBOY [TYPE B]

濱NIGHT☆CITYBOY [TYPE B]

テクノブレイク番長

テクノブレイク番長

上3つは某CD屋で投げ売られていたところを救出…。
頂門之十三針。

頂門之十三針。

HELLBLAU(初回生産限定盤)(DVD付)

HELLBLAU(初回生産限定盤)(DVD付)

GOATBED新譜すげーいい。
Punch Games

Punch Games

仮契約のシンデレラ(初回生産限定盤B)

仮契約のシンデレラ(初回生産限定盤B)

オーマイゴースト? ~わたしが悪霊になっても~ / ご存知! エビ中音頭

オーマイゴースト? ~わたしが悪霊になっても~ / ご存知! エビ中音頭

私立恵比寿中学 1st ワンマン LIVE [DVD]

私立恵比寿中学 1st ワンマン LIVE [DVD]

デフスターウォーズ EBISODE1 ~学芸会の逆襲~ [DVD]

デフスターウォーズ EBISODE1 ~学芸会の逆襲~ [DVD]

最近はもっぱらエビ中に夢中です。自分たちでも何がなんだかよくわかってなくて全然完成されてないのに、とにかく「一所懸命」なところがいい。

ライブ履歴

ライブ履歴

'12/2/25 DEVILOCK NIGHT THE FINAL@幕張メッセ

あのバンドが7年のときを経て遂に復活ということで思い立って一人参戦してきた。1日目のみ。
運営がヒドイということで当日twitter上が大荒れだったのに怯えつつゆっくり15時頃到着したら全く混んでおらず拍子抜け。中もそんなにひどくないと思った(わたしは)。
見たのはムック→マキシマムザホルモンBACK DROP BOMBBRAHMANHUSKING BEE。お目当てはムックとHUSKING BEE

ムック

まず、最近非V系のフェスにもV系バンドが出演することも増えてきていて*1、ムックはその中でもその「アウェーの場」を最も多く経験しているバンドだと思うんだけど、まあとにかくV系バンドが他のジャンル、しかも今最もアツくてクールとされている<フェス市場>でどのように扱われているか、あわよくば「受け入れられて」いるか以前からずっと見たいと思っていた、のがやっと叶いました。

まずセトリ。

(SE)Chemical Parade / フォーリングダウン / 咆哮 / アゲハ / オズ / メディアの銃声 / ニルヴァーナ / 謡声(ウタゴエ) / 蘭鋳/ リブラ

デビロックナイトらしくゴリゴリの曲・代表曲・暴れ曲を揃えつつ、「メディアの銃声」を入れてきたところには往年のムッカーたちもおおう、となっただろうし、「リブラ」も入ってめりはりのあるいいライブであった。持ち時間は50分くらい(長い)!

またこのアウェーの場で逹瑯が例の赤い振袖+ソバージュ+密室メイク(に近いメイク)という†THE・V系っぽいいでたち†かつ「いつもの」いでたちだったのが胸熱だった。またこの日のこのステージ(メインステージ)、10フィ→LOW IQ→難波さん→【ムック】→マキシマムザホルモン→ワンオク→ブラフ→ハスキン、で並びを見ただけで目眩がするほど感激。

逹瑯がMCで「初めての人も〜」と何度も言い、「蘭鋳」のみなさん座って→ジャンプ!のくだりで、逹瑯がそこにいた客を全員座らして(前エリアはほんと全員座っていた)、「みんなやさしい、いいの?ヴィジュアル系だよ?ヴィジュアル系の言うこと聞いていいの?」と煽り、客もそれに応えていたことには本当にぐっと来てしまって涙がちょちょぎれた。

V系バンドが一般的に受け入れられる可能性として、やってることの面白さという点からはまだゴールデンボンバーにも可能性があるかなあと思うけど、音楽的にはムックが一番強いかなと思う(というか受け入れられたら一番嬉しいという希望的観測)。ちゃんとV系のふるまいをしつつ、一般大衆(ここでは<キッズたち>)に受け入れられそうだという可能性(そういった「間口」を広げるという点からも、わたしは最近の「DJ矢口的」ピコピコ路線は大歓迎派だ)。

(観ている瞬間は客多いなあと思ったけどもあとで客観的に考えると)実際そんなに見てる人も多くはなかったんだけれども、他のバンド目当てであろうキッズたちや次のホルモン目当てでわやわや増えてきた人にも受け入れられていた(と思う)のにはそれを感じたし、バンギャとしてという以前に、音楽好きとしてジャンルを超える可能性を見たという意味で、あるエポックを目撃した気分になった。

しかしかっこよかったねー。

デビロクナイトのサイトにある遠藤憲昭と逹瑯のインタビューが興味深い。

逹瑯:うちらがバンドをはじめた頃って、ハードコアやメロコアが地方でもガーってきていて、ヴィジュアル系ファックみたいな時代だったんで、一番偏見を持たれやすいジャンルではあったんですよ。それなのに、何の偏見もないのがびっくりしましたね、一番最初。
遠藤:本人が(笑)。
逹瑯:はい。いいんだ!?って。うちらも別に後ろめたい気持ちもないですけどね。
遠藤:それだよ、後ろめたい気がないからこっちに来てくれたんだと思う。
devilocknightfinal-store.com

今日はここまでで残りはまた近々がんばって更新します。

DEVILOCK NIGHT THE FINAL ~Thank you and Good bye~ @ 幕張メッセ | 邦楽ライヴレポート | RO69(アールオーロック) - ロッキング・オンの音楽情報サイト

*1:RIJF/CDJは最近毎回4〜5組のV系バンドが出演。RIJF2011にはJ・Plastic Tree・ムック・雅-MIYAVI-の他、ムック/ミヤが矢口雅哲がDJとして出演。CDJ11/12にはINORAN・D'ERLANGER・雅-MIYAVI-Plastic Tree・MERRYが出演。その他には最近方向性を見失ってる感の強いサマソニ、11年はX JAPAN・ムック・the GazettEが出演したことも記憶に新しいですね。また、比較的硬派な印象のある我らがアラバキには昨年雅-MIYAVI-が出演し(わたしが)騒然となりました。そして我らがゴールデンボンバーも昨年のSET STOCKに出演しています。

購入履歴

ついにアイドルに手を出してしもうた。ももクロちゃんはももか推し、でんぱ組はねむきゅん推し(メンバー増えてからはもが推し気味)。音楽的には両者に共通する「情報量の多さ」が10年代的だと思う。あと記号的。
「ゴールデン・アルバム」 初回限定盤A

「ゴールデン・アルバム」 初回限定盤A

「ゴールデン・アルバム」 初回限定盤B

「ゴールデン・アルバム」 初回限定盤B

「ゴールデン・アルバム」 初回限定盤C

「ゴールデン・アルバム」 初回限定盤C

「ゴールデン・アルバム」 通常盤

「ゴールデン・アルバム」 通常盤

当然のように全種類コンプ買い。インストは抽選制/メンバー一人としか握手できない制度に憤り行かねえ!と思ったものの結局新木場2回入りましたヨ…(そして死にましたヨ…)いやあいいインストでした。「一生バカ」武道館×2、大阪城ホール、計3公演とも行きましたので気が向いたらあとで何か書きます(今更)。
11(初回限定盤)(DVD付)

11(初回限定盤)(DVD付)

cali≠gariは一枚でやめておきましたがこれまじすごいアルバム。濃度が高い。
マジフマジメン

マジフマジメン

Doggy Style

Doggy Style

相変わらずお勉強を深める。
道をつくろう

道をつくろう

このアルバムをアマゾンのリンクでここに貼れることにまず感動。現時点での代表曲(だと思う)である名曲「JULY」収録。他「野良猫'11」「ロングヘアな男の子」「遠くの世界」等ツブぞろいのいいアルバムですなあ…。ジャケに写っているお二人は右側のギターの方の「かーちゃんとばーちゃん」だと伺った。