読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

:: TWIGGY :: LOVE ME TENDER :: #3 ::

非現実の王国で

「崖の上のポニョ」

映画

今更ながら@スカラ座。まーーーー感銘を受けた。すばらしい。「となりのトトロ」「魔女の宅急便」と小さい頃からジブリ作品を観て育った長年のジブリファンではあるものの、最近はどうも…という感じだったのだが本作はすばらしかった!さすが宮崎駿。本当に今更だけども。

とにもかくにもオール手書きによる作画!PIXAR*1とまでは行かなくてもCG全盛のこのご時勢にオール手書き!しかしその分緻密さよりも大胆さがあらわになっていて、わたしがジブリのアニメーションの特長だと思っている「リズム」が抜群に引き立って感じられた。手書きはCGと比べれば古い手法だとは思うが、手書きの自由で大胆な表現はむしろ現代アートのようでした。何とも言えない明るい色合いもいい。

特に波や泡の動き(、そして他のジブリ作品と同じく登場人物の動き)に夢中になってしまってストーリーや設定の整合性とか現実感とか教訓とかもう関係ない。むしろそういったものを敢えて放棄しているように感じられた。最近のジブリ作品は特にそういう部分に傾いていたように思うし、そういう点で本作は本当に、絵的にもストーリー的にも大きな方向転換なんだな、と。

そしてやはりキャラクターの魅力。「ポニョかわいい」に尽きますね。いい映画でございました。

*1:上映前に12月公開のWALL・Eの予告編が流れたんだけど、本作とは本当に対照的。PIXARPIXARですばらしいんですけども。